就職までの道のり~朝が苦手なBさんの場合②~

今回は前回お伝えしました、Bさんの事例の続きです。


前回のブログでは、面談を通して働き方を整理し、
安定して通所できるペースを見つけたところまでをお伝えしました。
今回は「就職活動の決意編」です。


〇9か月~1年3か月

コロナウイルスの影響もあり、春先は在宅での訓練を挟みましたが、
1年3か月たったころには週5回の通所が実現していました。
安定した通所ができてきたことで、 いよいよ就職活動へ動き出す時期です。

Bさんの通所時間や訓練で見えてきた強みを整理していくと、
当初の希望とは違う職種も見えてきました。
そこで面談を通して、改めて希望と現実的な就職先を整理しました

しかし、面談の中ではなかなかまとまらず、
Bさんも自分がどうしたいのかをうまく言葉にすることができない様子でした。

ご本人の思いを伺いながら整理していくと、Bさんは初めての就職で、
働くイメージが持てない不安から、 就職活動に動き出せていなかったのです。

面談では他にも定着支援を利用して、就職した後も相談できる環境があること、
就労移行は一度使ったらもう使えないものではないことを伝えました。

希望する条件が整理でき自分の強みを生かした就職に対し前向きになれたことや、
失敗したときの対処方法などが理解できたことで不安が和らぎ、
Bさんは就職活動を行う決意を改めて固めることができました



「前職と同じ職種が良い」
「あの職種だけは嫌だ」

就職活動を進めていく中で良くお聞きする言葉です。

Bさんのように理由を明確にしていくと、
案外その職種自体には理由がないなんてこともよくあります。

「イメージがしやすい仕事だから」「なんとなく嫌だから」
といった理由で早々に就職先を絞ってしまうのは、もったいないことです。

今回は面談を通して就職先の整理を行いましたが、
川崎センターでは、職種を整理する講座設けています。
こちらの講座は見学、体験可能ですので気になる方はぜひお問い合わせください。

そして、晴れて就職が決まったBさん。
初めての実習初めての就活はどのように進んだのでしょうか。
その様子は後日のブログでお伝えします。

チャレンジドジャパン川崎センターでは、いつでもお問い合わせお待ちしております。

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ川崎は、2020年10月よりチャレンジドジャパン川崎センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン川崎センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン