10/1より勤務開始されたAさんの事例

チャレンジドジャパン川崎センターでは、毎年数多くの方が就職されています。
今回は10月より川崎市役所に採用された、Aさんにインタビューをいたしました。


Aさん 障害種別:精神障害 通所歴:1年9か月

Q.通所先にチャレンジドジャパンを選んだ理由は何ですか? 
 主治医に勧められてチャレンジドジャパン川崎センターに見学に行きました。
緊張と不安を感じながら見学に行きましたが、実際に行ってみるとスタッフの方も
利用者の方もみんな元気で明るかったので、通うことを決めました。

Q.通所前と通所後で変化したことは何ですか?
 通所前は毎日規則正しい生活をすることが苦手で、不調の時の対処方法がほとんどない状態でした。
自己理解講座や日々の通所を通してセルフケアが意識できるようになり
疲れたら好きなミルクティーを飲むこと、ストレッチをするなど
自分の調子に合わせてケアを行えるようになりました。  
また、ビジネスマナー講座やJST(Job Skill Training)講座のロールプレイなどを通して、
就労に必要なスキルを実践的に学ぶことができました

Q.就職後どのように過ごしていますか?
 10月1日からの勤務なので、今は毎日研修を行っています。
初めて会う人達と行うので、研修後は疲れがどっと出てしまいます(笑)。

Q.就職活動を通して感じたことを教えてください
 応募を決めてから締切りまで時間があまりなく、
応募書類の準備や実技試験の対策などとても大変でした。
選考の結果を見た時は、私自身1番驚きました(笑)
履歴書作成を通して、改めて自分のできること、
できないことを全部把握することができたと感じました。
また、今までは何事も途中で諦めていましたが、
今回は諦めずに最後までできたので大きな自信になりました
就職活動を通して「成長できた!」と思いました。

Q.これから就職を目指す方々へメッセージをお願いします
 悩んだら誰かに助けを求めたり、話してみてください。
私はチャレンジドジャパンのスタッフと話していてそう思うことができました。
必ず何か答えが返ってきますし、聞いてもらって考え方が変わることがたくさんありました。
あと就活は早目に準備した方がいいです(笑)。

通所開始時は自分と向き合うことに抵抗感があったAさん。
面談を重ねていきながら自己理解を深めていき、10月より晴れて就職となりました。

チャレンジドジャパン川崎センターでは就職後の定着支援にも力を入れています。
今年度の定着率は100%となっており、コロナ禍でも継続した勤務へとつなげることができています。


ぜひ、下の問い合わせボタンよりお気軽にご連絡ください。

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ川崎は、2020年10月よりチャレンジドジャパン川崎センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン川崎センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン