移行支援のプログラム~スキャン実習~

チャレンジドジャパンでは、様々なプログラムをご用意し日々皆さんに取り組んでいただいています。

そのなかでも今回は特に難易度が高いと言われている、スキャナーを使った作業についてご紹介いたします。

実習で使用するコピー機。

スキャンの作業は、具体的にはオフィスでよく見るようなコピー機を使用し、伝票の読み取りをスキャナーで正確に行うトレーニングです。
一連の作業を通して、集中して正確に作業を完了できるスキルの習得を目指します。

一見、ただ伝票を枠の中に並べればいいようにも見えますが、実は落とし穴がいくつもあります。

悪い例①

例えばこちら。悪い例の1つですが、どこが問題かわかりますか?
1つ目なので簡単かもしれません。


・A4の枠からはみ出している
・曲がっている
・重なっていて文字が読めない
これらにすぐ気づけた方はぜひ、次の例もご覧ください。

悪い例②

悪い例2つ目はいかがでしょうか。ここで躓く方が多いポイントです。

・書類の上辺が左に統一されていない
こちらが問題として挙げられます。
スキャナーのガラスに置く向きと、仕上がるデータでは左右が反転してしまうことが難点です。

このほかにも、見やすい配置方法や、整理されたファイル名の付け方など、気を付けることが多くあるのがスキャン実習です。
現在移行支援をご利用いただいている皆様からは、なかなか難しいというお声をいただいておりますが、慣れればすんなりと、見やすいデータを自分でスキャンできるようになります。

実際に事務のお仕事などに就かれた際にきっと役立つスキルです。

今後もチャレンジドジャパンでは様々なプログラムをご提供し、皆様の就労をサポートしてまいります。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉 957-63
電話:0267-31-5181
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム