職業準備性~就職ご希望の皆様へ~

就職ご希望の皆様へ

「一般の会社で働きたい」と思っていても、なかなか就活への腰を上げられない…そんな方もいらっしゃるかもしれません。一般企業への就職の夢をかなえるには、「働きたいという思い」は非常に重要です。
それに加えて、思いの実現に向け行動を積み重ねていくことが必須です。

さて、今は行動を起こすにはよい季節!このタイミングで、ほんの一歩でいいので思い切って動き出してみませんか?そこで、一般企業等への就職を目指す皆様に対して、ラッタラッタル軽井沢センターがお手伝いできる点について、今月からシリーズで紹介してまいります。

第1回:就職に必要なものとは…

働くということを考えたとき、「パソコンがサクサク使えないと…」「作業がすばやくできないと…」などなど、実務のスキルが身についているかどうかに目がいきがちです。では、実務のスキルを磨けば仕事に就けるのでしょうか?今回は、就職を目指す皆様にとって非常に重要な、「職業準備性」についてご紹介致します。

【職業準備性】

「職業準備性」とは、仕事の内容を問わず、就職して働き続けるために、すべての人に共通して求められる基本的な資質のことを指します。

具体的には、「健康管理」「日常生活管理」「対人技能」「基本的労働習慣」「職業適性」という5つの資質です。この5つの資質を基礎的なものから順に積み上げ、階層別に整理したものは「職業準備性ピラミッド」と呼ばれています。

職業準備性ピラミッドは、「働き続けるために必要な準備ができているか」を図る指標として使われます。冒頭にあげた「パソコンがサクサク使えないと…」「作業がすばやくできないと…」は、職業準備性ピラミッドでは頂点の「職業適性」に該当します。

もちろん職種によっては、それらについて高度なスキルが求められる場合も多いでしょう。しかし、いくら頂点のスキルに磨きをかけたとしても、ピラミッドの底辺により近い資質、例えば「健康管理」や「日常生活管理」、「対人技能」などがガタガタしていては、ピラミッドは崩れてしまうでしょう。

つまり、ピラミッドの底辺に近い資質を揺るぎないものにしつつ、より上部の資質もまんべんなく整えていくことが、安定して働き続けるうえで必要なのです。

【お手伝いできること】

ラッタラッタル軽井沢センターでは「職業準備性ピラミッド」に基づき、皆様が「働いて生活するために、もう少し準備をしなければならない点」を明確にするためのお手伝いをさせていただきます。
そして、それらを強化するためのプログラムやアドバイス、日常のトレーニングを通して、
確実に皆様が職業準備性を整えていただけるよう支援してまいります。

訓練に興味を持たれた方は、ぜひ一度見学や体験に起こしください。

〇お問い合わせ

*2021年6月よりチャレンジドジャパン軽井沢センターは ラッタラッタル軽井沢センター へ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉 957-63
電話:0267-31-5181
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

ラッタラッタル軽井沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン