就職者インタビュー「”変わりたい”と思うのであれば、一歩踏み出すことがとても大切」

見事、この春に就職が決まり、新しい一歩を踏み出すことになった利用者さんがいらっしゃいます。
チャレンジドジャパンの卒業を目前に控え、就職活動への思いや今後の意気込みを語っていただきました。

 就職活動について 

就職したいという気持ちがあったので、出来ることを伸ばし、出来ないことは少しずつ習得していこうと思いました。
面接練習では、たくさん練習を重ねて本番に臨みました。実際の本番では、練習と環境が違い所作が難しく、戸惑いましたが、質問の受け答えには練習した成果を出すことができました。
緊張感のある空間の中、初対面の複数の方と話すのは非常に緊張しましたが、それでも練習をたくさんしたので乗り切ることができました。
練習はとても大事だと思います。

 これからの意気込みは?

これまで周囲の方や社会に助けてもらえたので、その恩を返せるよう、社会の役に立つ人になりたいです。
仕事は一つひとつ積み重ねてこなしていきたいと思っています。
これまで働いたことがないので、未知の世界で不安もありますが、まずは続けられるだけ続けることに注力して頑張りたいです。

 これから就職を目指す皆さんへ

可能性を広げるのであれば実習に行く、「いろいろな企業を受ける」などをして、興味のある企業以外にも視野を広げて探すのが良いと思います。
また、面接練習を通して、姿勢がとても重要だと気づきました。
急によくするわけにはいかないので、朝礼の時など普段から心がけることが重要だと思いました。

一緒に過ごした利用者の皆さんへ

「変わりたい」と思うのであれば、一歩踏み出すことがとても大切だと思います。
最初は、一歩踏み出すこと自体が怖くて難しいと思いますが、自分ができることを一つひとつやっていけば良いと思います。
また、土曜日の訓練ではふだんお話ししない方ともコミュニケーションを取れる機会もあります。人と触れ合うことが苦手なのでずっと避けていましたが、もう少し参加すれば良かったかなと思います。

長期間ひきこもりだったため、人との関係が掴めず最初は怖かったです。ですが、皆さん優しくして下さったため、2年間楽しく過ごすことが出来ました。

本当にありがとうございました。
卒業してからもHPなどで皆さんの新しい作品を楽しみに見させていただきたいと思っています。

静かですが、新しい生活への希望に満ちた語り口で、お話しいただけたのが印象的でした。
そして、苦手意識のあった対人スキルをより確実なものにするため、
ぎりぎりまでコミュニケーション・スキルの模擬練習に取り組んでいた姿勢も素晴らしかったです。

これから就職を目指す皆さんも、焦らずご自分のペースで、でも決して歩みを止めず、目標を目指していきましょう。いつか晴れやかにチャレンジドジャパンを卒業していくその日まで、ご一緒に進んでまいります。

卒業生にインタビュー
お祝いにきれいな花束を贈りました。

〇お問い合わせ

*2021年6月よりチャレンジドジャパン軽井沢センターは ラッタラッタル軽井沢センター へ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉 957-63
電話:0267-31-5181
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

ラッタラッタル軽井沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン