就職者インタビュー~一般事務の仕事~

鎌ヶ谷センターを利用されているBさんの就職が決まりました!おめでとうございます。当センターを利用された経緯や役に立ったことなど、インタビューを行いましたので紹介致します。

就職者インタビュー~一般事務の仕事

男性(40代)

診断名:高次脳機能障害/視野狭窄/下垂体機能低下症

障害者手帳:身体5級/精神3級

チャレンジドジャパン利用期間:2年5ヵ月

Q.センターを利用するまでの経緯を教えてください

A.脳腫瘍を発症し手術後、高次脳機能障害などを生じました。まずは自立訓練、就労継続支援B型事業所を利用しました。次のステップとしてチャレンジドジャパンを利用しながら就労を目指すことにしました。

Q.就職先の職種や内容を教えてください

A.職種としてはデータ入力などの一般事務です。ジョブコーチのサポートを受けられるので心強く思っています。今回は、新たに障害者の作業チームを立ち上げるとのことで、仕事の内容も各自の特性に合わせ用意することもあるとお聞きしています。

Q.就職に至ったプロセスを教えて下さい

A.チャレンジドジャパンとハローワークのサポーターの方との面談にて紹介された求人に応募しました。書類提出後、2日間の実習でExcelの作業やグループワークを行いました。その後、面接に臨み採用に至りました。

Q.訓練で学んだことで役に立った内容を教えて下さい

A.PC作業では以前より入力ミスが多いのが課題でした。タイピングの指使いから確認し、ダブルチェックの徹底したところ、次第にミスが減りました。また、利用者さんの検温と健康チェックを係として担当する中で、同じく頑張る仲間の存在を感じ、日々思いを新たにしました。

Q.チャレンジドジャパンで受けたサポートで役に立ったことを教えて下さい

A.訓練や就職活動を行う中で、悪いところを指摘していただくことはもちろんですが、良い点を誉めていただけたことが大きな自信になりました。自分では気づいていないことも言っていただけるので、それが好循環になったのではないかと思います。

Q.就労を目指している方に向けて、メッセージをお願いします

A.私は脳の病気により身体、精神と障がいがあります。発病から今日まで8年と長い時間がかかりましたが、その間支えとなった2つの言葉があります。リハビリの事業所に掲げられていた『失ったものを数えずに、残ったものを数えよう』と、音楽用語で「少しずつ」を意味する『poco a poco(ポコアポコ)』です。できないこと、苦手なこともありますが、「できること」を活かし「少しずつ」進んでいくことで開くことがあるのではないかと思います。皆さまも少しずつを重ね、頑張ってください。

安定した社会生活を継続させるために

Bさん、インタビューに応えてくださりありがとうございました。引き続き鎌ヶ谷センターでは、安定した就労のためスタッフ一同サポートしてまいります!チャレンジドジャパンでは就職後も自分らしく働き続けたい方を応援しています。見学は随時受け付けておりますので、興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒273-0124 千葉県鎌ケ谷市中央1-1-34 前田ビル2階
電話: 047-404-3346
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン鎌ヶ谷センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン