【月間ビジネスマナー】場に合わせた声の大きさ、立ち居振る舞いをしよう

ひゅーまにあ鎌ヶ谷ではビジネスマナーを意識していただくため、毎月「今月のテーマ」を決めています。

8月のテーマは「場に合わせた声の大きさ、立ち居振る舞いをしよう」です。

仕事の場では正しい言葉遣いや立ち居振る舞いが求められますが、それと同様に声の大きさ、声のトーンも重要なビジネスマナーの一つです。

場面に合わせて、どのような声量やトーンがふさわしいか、ポイントを確認していきましょう。

仕事の場にふさわしい話し方の基本ポイント

①伝えたい相手に届く適度な声の大きさで
まずは相手との距離に合わせた声の大きさを意識しましょう。
内容がしっかり伝わることが最も大切なポイントですが、場に適した声の大きさは「相手との距離」と「伝える内容」によって異なります。
離れた場所にいる相手に小さな声で話しても伝わりませんし、近くの相手に大きな声で話しかければ驚かせてしまいます。
自分が聞いた時に心地よい音量はどれぐらいだろうと意識してみると良いかもしれません。
難しいと思う方は話し方が上手だと思う人を真似してみるのも一つの有効な方法です。

②相手が聞きやすいトーンを意識して
話すトーンも大切なポイントです。
友人とのおしゃべりであれば多少早口や高い声、もごもご話しても伝わります。
ただ、ビジネスの場においてその場に合わせた落ち着いた話し方が求められます。
早口はせっかちな印象、ゆっくりした口調はおおらかな印象を相手に与えます。
また、高い声は明るい印象、低い声は落ち着いた印象を与えると言われています。
その場に合わせたトーンで語尾まではっきりと発音しましょう。

③正しい姿勢を保って
正しい姿勢はビジネスマナーの基本です。
情報伝達の印象の半分以上は視覚からの影響によるという報告もあります。
猫背や下を向いて話すと話が聞きづらいだけでなく、与える印象も悪くなってしまいます。
きちんと背筋を伸ばして、伝える相手の目を見て話すようにしましょう。
余裕が出てきたら表情にも気を付けてみると、より印象がアップします。

場面に合わせた声の大きさを考えてみよう

ひゅーまにあ鎌ヶ谷では講座や、実践的なトレーニングを通してビジネスの場にふさわしい話し方を学べるカリキュラムをご用意しています。
見学・体験も随時受け付けてますのでお気軽にお問い合わせください。

〇お問い合わせ

ひゅーまにあ鎌ヶ谷
〒273-0124
千葉県鎌ケ谷市中央1-1-34 
前田ビル2階
TEL: 047-404-3346
Mail:[email protected]

 


ひゅーまにあ鎌ヶ谷
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ