障害者雇用状況調査について

障害者雇用率ってなに?

障害者雇用率制度という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。これは企業に対して雇用する労働者の2.2%に相当する障害者を雇用するように義務付けたものです。つまり2.2%ということは45.5人の従業員がいたらその中の1人は障害者も雇用するということです。

障害者とともに働くことが当たり前の社会を目指す

厚生労働省はその目的を「障害者について、一般労働者と同じ水準において常用労働者となり得る機会を確保することとし、常用労働者の数に対する割合(障害者雇用率)を設定し、事業主等に障害者雇用率達成義務を課すことにより、それを保障するものである。(厚生労働省HPより抜粋)」としています。
また、障害者の雇用対策は「障害者が希望や能力、その適性を十分に活かし、障害の特性等に応じて活躍することが普通の社会、障害者と共に働くことが当たり前の社会を目指す。(厚生労働省HPより)」とこの施策を紹介しています。


具体的な日付はまだ決まっていませんが、来年令和3年以降現在の2.2%から2.3%に変更されることも決定しています。

令和2年現在の
法定障害者雇用率
〈民間企業〉民間企業2.2%
特殊法人等2.5%
〈国及び地方公共団体〉国、地方公共団体2.5%
都道府県等の教育委員会2.4%
(参考)現行の障害者雇用率

雇用率はどうやって調べるの?

では雇用率はどのように調べられているのでしょうか。

事業主は毎年6月1日現在の障害者雇用状況を報告することが義務付けられています。
各事業所は調査票に必要事項を記入して提出します。調査票は雇用している障害者の人数だけではなく、どのような機関と連携しているか、雇用してない場合はどのようなことが課題になっているかなど様々な項目が記載されています。
その報告を元に集計結果が発表されます。

令和元年の調査結果は?

昨年令和元年の6月1日に調査された結果は、同年の12月25日にプレスリリースされました。

・雇用障害者数は 56 万 608.5 人、(対前年 4.8% 2 万 5,839.0 人 増加)
・実雇用率 2.11%(対前年比 0.06 ポイント上昇)
・法定雇用率達成企業の割合は 48.0%(前年比 2.1 ポイント上昇)
(参考)令和元年 障害者雇用状況の集計結果


全国的には約半数の企業が2.2%の雇用を達成したようです。


ではひゅーまにあ鎌ヶ谷のある千葉県はどうでしょうか。

実雇用率法定雇用率達成
企業の割合
法定雇用率達成企業の数
千葉県2.1151.61,344 / 2,606
(参考)令和元年 障害者雇用状況の集計結果


今後障害者雇用を検討している企業もまだまだ数多くあるようです。

ひゅーまにあ鎌ヶ谷は今後も仕事を通して活躍したい障がいのある方、障害者雇用を推進したい企業のお手伝いをさせていただきます。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ鎌ヶ谷は、2020年10月よりチャレンジドジャパン鎌ヶ谷センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒273-0124 千葉県鎌ケ谷市中央1-1-34 前田ビル2階
電話: 047-404-3346
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン鎌ヶ谷センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン