<お知らせ>就労定着支援事業のご報告@新横浜

ひゅーまにあ新横浜では、2018年10月から就労定着支援事業を開始しまし た。就労定着支援とは、同年4月に改正された障害者総合支援法に基づくサービスで、就労している方が長く働き続けることができるよう、支援するものです。
利用実績も増えてきております。具体的に、どのようなサービスとして利用されているか、以下に事例をご紹介いたします。

【女性(20代)/公共機関で事務補助として就業中】
就職者インタビュー ~Kさん編(女性)~
月に1~3回程度、職場への訪問やご本人へのお電話にて、勤務の状況などをお伺いしています。

このほか、体調の変化などにより、仕事に行くのが難しくなったときには、その都度お電話でフォローしたり、体調が落ち着くのを待って、ひゅーまにあの事業所内で面談を行ったりしています。
定期的な支援で常に状況を把握しておき、トラブルがあった際は迅速に対応できるよう、準備をしておくのが狙いです。

【男性(50代)/通信会社で事務補助として就業中】 月に1回、職場への訪問により、ご本人との面談、および企業側の担当者との打ち合わせを行っています。ご本人に対しては、勤務状況のほか、職場での困りごとがないかなどをお聞きし、また企業側の担当者とは、勤務における良い点・改善点などをお伺いしています。ご本人と企業側との間に入り、調整を行うことで、スムーズな職場定着につなげています。

ひゅーまにあ新横浜