ビジネスマナー 学びの証『秘書検定』@相模原

ひゅーまにあ相模原では、公益財団法人 実務技能検定協会主催「秘書検定」3級・2級について、検定合格に向けた学びをサポートしています。

「秘書検定」って、秘書になるための検定?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、いえいえ、学習内容は働く人すべての基本的な知識、マナー、礼儀に関するものとなっています。参考書の巻頭に書かれている「まえがき」を読むと、

『秘書検定は、社会で感じが良いといわれるような人柄の育成を目指しています。(中略)社会に出て働く人なら誰でも備えておかなければならない、社会人としての基本的なマナーだと考えてください。つまり、職場常識が学べる検定試験なのです』

とあります。具体的には、「言葉遣い」「態度・ふるまい」「身だしなみ」などが検定試験問題に登場します。ですので、働き始めたらすぐに役に立つことばかりです。

1年に3回、受験のチャンスがあります。チャレンジしてみたい方から自発的にスタッフにご相談頂き、進み具合などを考えていつ受検するかを決めていきます。無理なく、一発合格を目指していきます。

さて、ここで例題を一問。

Q:社員のAさんが報告するときに心がけていることとして、不適当と思われるものを一つ選びましょう。

① まず結論までの経過を説明し、最後に結論を報告するようにしている。

② 今報告してよいか、相手の都合を確認してから報告するようにしている。

③ 簡単な事でも数字などはメモしておき、確認しながら報告するようにしている。

④ 事実だけを報告するようにし、自分の考えなどは聞かれなければ言わないようにしている。

⑤ 質問されても答えられるように、内容を理解してから報告するようにしている。

・・・いかがでしょうか。

正解は・・・

・・・

A:① です。

報告を受ける人がまず知りたいのは結論です。経過は、併せて伝える必要がある時や説明を求められたときに伝えるようにします。

「秘書検定」では、選択肢を絞っていく際、なぜこれが正解でこちらは不正解なのか?すぐには理解が難しいこともあります。ひゅーまにあ相模原には、検定合格者や企業人事採用担当経験者など、「なぜ?」に答えられるスタッフが揃っています。

就活に自信をプラス!ご興味ご関心のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは・・・
ひゅーまにあ相模原 TEL 042-753-8607 (月~金:午前9時~午後6時)
Mail : [email protected]

ひゅーまにあ相模原