内定の秘訣は行動力と信頼!

先週に引き続き、今週も3名の内定者の内の一人にへインタビューを行いました。
今回はチャレンジドジャパンに通いながら、福祉の資格を取って、介護職の内定が出たBさんのインタビューです。

飾らずありのまま

——Bさん今回は未経験の介護職で内定がでましたが、内定をもらうために頑張ったことはありますか?

面接などの話をするならば、ありのままの自分で面接を受けることは意識しましたね。やはりいろんなことを無理に着飾ったり、包み隠したりするのは違うと思うので。

何より、面接官はプロで何十人と、いろんな人を見てきていますから、そこは嘘を言っても見抜かれますよ。もちろんマナーはしっかりと守らないとですけどね(笑)
あと、大切なのはしっかりと通所をして実績を作ることですね。安定した通所を行い、職員を信頼して就職活動を行う。

これが内定をもらう秘訣ですかね。


——今回の就職活度で一番大変だったことはなんですか?

自分は今まで人からの紹介で就職することが多かったので、今回のような普通の就職活動は初めてでした。
正直、これが一般的な就職活動か、と驚くこともありました。
なので、どのような段取りで就職までたどり着くのかが正直言って分かりませんでした。しかしチャレンジドジャパンの職員さんが、そこはしっかりとサポートして段取りというか道筋を立ててくれたので助かりました。

実習が転機に

——Bさんは最初に入所してきたときは事務職を希望されていましたが、介護のお仕事をしようと切り替わったきっかけはあるんですか?

ここに入った最初の頃は、正直「自分のためにお金が欲しいから働こう」と思ってたんです。

でもここに在籍中に色々経験していくうちに「これからは自分のためじゃなく、人のために仕事をしていく人間になりたい」と思うようになっていったんです。そこで介護の仕事に進む決意をしました。


——Bさんはチャレンジドジャパンに籍を置いた状態で、学校に通い介護初任者研修も取られましたよね?

はい、ここの職員の方や、実習先の人から「介護でやっていくなら介護初任者研修を持っていると選択肢が広がるよ」とアドバイスを受けたんです。
それで初任者研修を取る決意をしました。


——最後にこれから就職活動を行う皆さんへメッセージはありますか?

まずは自分から伝えられるのは、就職活動は何よりも仕事に就きたいという気持ちが大切だといことです。加えて何よりも行動力とやる気ですね。
こういった方向に進んだ方が良い、という道が見えてても一歩を踏み出さないと意味がないですから。
後は職員を信頼して協力しながら就職活動をすることが大切ですね。


以上、Bさんのインタビューでした。

Bさんは今後、介護業界で経験を積んで実務者研修、介護福祉士の資格を取るため頑張っていきたいと仰っていました!


来週は入所後4か月で特例子会社に内定が決まったCさんにインタビューを行います。是非ご覧ください!

〇お問い合わせ先

*就労支援センターひゅーまにあ名古屋今池は、2020年10月よりチャレンジドジャパン名古屋今池センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池3-6-12 三貴ビル 5階
電話:052-212-7315
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン名古屋今池センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン