ゲームで学ぶコミュニケーション

プログラミング講座でコミュニケーションの練習ができます

チャレンジドジャパン橋本センターでは、隔週でプログラミング講座を実施しています。

プログラミングと聞くと、専門技術を学ぶ講座を想像される方もいらっしゃるかもしれません。初歩的なプログラミングを学ぶこともできますが、この講座ではプログラミングを通してグループワークを行い、コミュニケーションを取ることを目的としています。
働くうえで、報告・連絡・相談など、業務上のコミュニケーションは少なからず発生します。当センターのプログラミング講座では、教育版マインクラフトを使用し、共同作業を通して必要なコミュニケーションについて学んでいきます。

マインクラフトで何をしているの?

minecraft(マインクラフト 通称:マイクラ)とは、ブロックでできた世界を冒険したり、自分が思い描く理想の世界観を表現できるソフトです。使い方次第で、オリジナルのゲームを作成したり、巨大な建造物を作ったり、100人100通りの楽しみ方ができます。

プログラミング講座では、参加者が共同で一つの建物を作成します。初めてマインクラフトに触れるという方がほとんどで、操作方法が分からずとも参加することができます。操作方法は職員や参加者同士で教えあいながら進めることができるのでご安心ください。この講座を通して、質問や相談の練習だけでなく、誰かに教える(伝える)練習もすることができます。

協力して橋本センターを建築しました!

約3か月をかけ、チャレンジドジャパン橋本センターの内装を作成しました。「7月はここまで作成しましょう」など締め切りを設定しながら取り組んできました。期限を守るためにアイディアを出し合ったり進捗の共有など、様々なやり取りを行うことになります。ゲーム内でプロジェクトを進めることで、コミュニケーションだけでなく、期限に向けて作業を進める経験を積むことも出来ます。

橋本センター再現

上の写真は数か月かけて再現した橋本センターの内装です。驚きの再現度になっていますので、気になる方は、ホームページに掲載している実際の内装と見比べてみてください!

参加者の声

参加メンバー間で連携し、作業を分担して建物の再現を行っています。
自分の提案した作業手順や、建築の再現方法などが採用され、実際に建物の再現に用いられている様子を見ると、とても嬉しくなります。

参加されている利用者の皆さまからも大好評の講座となっております。プログラミング講座で、楽しみながら就職後に役立つスキルを身に着けませんか?
他にもたくさんの講座やツールをご用意しております。見学・体験は随時受け付けておりますので、是非お気軽にご相談ください。

〇お問い合わせ

チャレンジドジャパン橋本センター

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒 252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本6-4-15 Flos橋本4階
電話: 042-703-0294
メール:[email protected]
(相模原市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン橋本センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン