講座と実践で職場でのコミュニケーションに慣れよう

皆さんこんにちは。梅雨らしくない梅雨も明け、うだるような暑さの夏が来ました。
さて、皆さんは職場でのコミュニケーションに困ったことはありませんか?
今回は、6月30日に初回オリエンテーションから始まったコミュニケーションの講座についてご紹介します。

機能的コミュニケーション講座(JST講座)ってなに?

JSTとはJob related Skills Trainingを省略したもので、職場や社会生活を送る上で必要不可欠な「コミュニケーション」について学ぶ講座です。

こんな経験ありませんか?

・体調が悪くて少し休みたいけどなんだか言い出しにくい・・・

・上司に仕事を頼まれた!今は手いっぱいだから断りたいけど、断りづらい・・・

・しごとの相談をしたいけど、相手はなんだかすごく忙しそう・・・

コミュニケーションは働くうえでとても大切ですが、きちんと教わる機会はなかなかないものです。

JST講座では、「職場で休みを申し出る」「相手からの誘いを断る」「忙しそうな相手に相談をする」など、実際の職場で起こりそうな、うまく切り抜けるのが難しそうな様々な場面を想定し、1回1テーマで進みます。

講座の流れは次の通りです。

①講座開始~ウォーミングアップ

JSTでは、利用者一人一人がロールプレイを行います。ただし、自分の番に急に話始めるのはなかなか難しいものです。講座の初めにはウォーミングアップを行い、講座に向けて気持ちの準備運動を行います。

②今回学習するテーマの確認

毎回異なるテーマを学習するため、その日のテーマを確認します。

なぜ、そのテーマの学習をする必要があるのか、利用者の皆さんとスタッフで共通認識を持つことも大切です。

③スタッフロールプレイ(実演)

各テーマについて、スタッフが良くない例と良い例をロールプレイします。

良くない例を見て「何が良くなかったか、どうしたら良くなるか」を上げてもらい、出てきた意見を基に良いロールプレイを行います。

感じたこと思ったことはどんどんお伝えください。

④グループセッション

スタッフのロールプレイを見た後は、練習用の場面設定とロールプレイの手順を決め、実際に少人数グループに分かれてロールプレイを行います。

JSTの良いところはこのロールプレイにあります。単に良い例を見るだけでなく、実践練習を行うことで、スキルの定着を図ります。

(ロールプレイは見学ができるので、初めての方も安心してご参加ください)

⑤まとめ

最後に、懇意のテーマについてまとめ、振り返りを行い講座は終了です。

コミュニケーションは、単に座学で学ぶだけでなく、講座内や普段の訓練の場で繰り返し実践することで少しずつ力をつけていくことができます。

〇座学の後は実践!

講座終了後は下の画像のような「チャレンジシート」を使って、繰り返し実践をします。

チャレンジシート
チャレンジシートにはチャレンジポイント(気を付けてロールプレイを行う点)などを書いておきます。

八王子センターでは、次の講座までの間にスタッフ相手や利用者同士でロールプレイを行っています。

初めは緊張しますが、訓練は失敗してもいい場面です。繰り返し実践をすることで、実際の就労場面でスムーズにやり取りができる準備をしていきます。

実践の後には職員と振り返りを行い、次の実践に向けてできたことや次の課題の確認をします。

JST講座は、実践を繰り返し、コミュニケーションスキルの向上を図る講座です。

八王子センターでも、本講座を目当てに見学・体験に来られる方も多い人気の講座です。

JST講座のほかにも、八王子センターでは様々なプログラムを用意しています。

今の時期は開講間もないプログラムが複数あるため、見学をする絶好のチャンスです。。

少しでも興味がおありの方は、ぜひ見学にいらしてください。

◯お問合せ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒192-0082 東京都八王子市東町3-11 プレイム八王子ビル5階
電話:042-646-0536
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン八王子センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン