理解してもらうためには、まず”相手を理解する”?

多かれ少なかれ、人は「誰かに自分を理解してほしい」という感情を持っています。それ自体は決して恥ずかしいことではありませんが、その気持ちが過度に大きくなってしまうと、周りから自己中心的な人だと思われてしまう恐れがあります。

ではそうならないためにどうすれば良いのか……答えは簡単、自分を理解してもらう前にまず相手を理解してあげることで、トラブルも次第に減っていきます。

相手を理解するとは?

大げさな言い方でしたが、つまりは”相手の話をしっかり聞き、気持ちに寄り添う”ということです。

人は、自分の話を聞いてくれる人を信頼します。自分ばかり話すのではなく、相手の話を聞き感情に寄り添うことで、初めて自分の話を聞いてもらえます。そうして会話を重ね、相互に理解していくことがコミュニケーションの真髄です。

〇話す/聞く ×話す/話す準備をする

「自分の話を聞いてほしい!」という気持ちが強まると、つい【話す/聞く】の会話ではなく、【話す/次に話すことの準備をする】だけをする言い合いになってしまいます。重ね重ねになりますが、相手も自分も不快にならないコミュニケーションをとるために、言い合いでなく会話をすることを意識していくことが大切です。

コミュニケーションについて学べます!

チャレンジドジャパンでは、コミュニケーションスキルを向上させるためのプログラムも揃っております。長く働き続けるためにも、就職する前にしっかり練習しておきましょう。

ご興味ある方は下記お問合せフォームよりお申込みください!

◯お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒960-8035 福島県福島市本町6-5 D’グラフォートM-ZA本町 201
電話:024-563-5028
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン福島センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン