通所開始⇒就労定着 一緒に進む5つのステップ

就労移行支援サービスの利用期間は、どんな方でも原則2年間という決まりがあります。
2年いっぱい通う方もいれば、半分の1年、更に半分の半年で就職される方等、利用期間は本人の体調や希望する職種によってまちまちです。
ただ、就労定着するまでの一連の流れに関しては、皆さんほとんど同じと言って良いでしょう。
本記事では、通所を開始してから職場に定着するまでの支援の流れを5つのステップに分けて解説していきます!

ステップ1 得意・不得意を確認

見学にてお聞きした得意なことや体験・通所開始時に見えてきた課題点を基に、本人の得意・不得意を一緒に分析。
不得意なことはすぐに思いついても、「得意なことは何か?」と聞かれると中々思いつかないかもしれませんが、例えば……

・挨拶ができる
・お礼が言える
・自分のことに関する質問に答えられる
・予定通りに通所できる
・体調不良を報告できる
・パソコンを使って調べものができる
・封入作業や押印作業ができる

等々、「特技と言うほどのことでは……」というものも、企業に対してはアピールポイントになることもあります。
自分は何ができないのか、そして何ができるのかを知ることで、自分のことを理解していきます。

ステップ2 個別支援計画を作成

個別支援計画とは「この方は〇〇はできていますが△△が課題点なので、本人はこのように努力し、支援員はこのようにサポートします」という、今後の道筋が書かれた計画書です。
支援員が一人ひとりに具体的な支援内容を定めることで、チャレンジドジャパンをどのように利用していくかを最初に明確にします。

ステップ3 効果的な支援プログラムで就職

これまでの記事でもご紹介したような様々な講座・訓練に取り組んでいただき、ステップ2で作った個別支援計画に基づいて就労を目指していきます。
コミュニケーションが苦手であれば「JST(職場対人技能訓練)」や「対人行動」、手先を使った作業が苦手であれば「職業スキル」、体調が安定しないのであれば「自己理解」……その方の適性や状況、希望に合わせて訓練を行います。

ステップ4 特性情報を就職先に提供

障がい者雇用枠へ就職された暁には、もちろん本人の許可を得てからにはなりますが、訓練で見えてきた本人の情報を企業へ共有致します。
それは得意・不得意だけでなく、「こういう時に調子が悪くなります」「その時はこういったサインがあります」「こうすることで対処しています」等も含まれます。
共に働く同僚・上司に自分のことを事前に知っておいてもらうことで、困った時も慌てずに済むでしょう。

ステップ5 定着支援で就労継続を万全サポート

(定着支援についてはこちら)

職場と連携し、本人にとっても周りの方にとっても働きやすい環境を整えます。
通所から定着支援まで支援を一貫することで、安心して働いていくことができます。

5つのステップを自分のペースで

上述した通り、就労移行支援を利用する期間は人によって違います。
ただ、焦って就職すると失敗する確率が高いというのは共通していると言って良いでしょう。

5つのステップをしっかり踏んで、前へ進んでいきましょう!

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ福島は、2020年10月よりチャレンジドジャパン福島センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒960-8035 福島県福島市本町6-5 D’グラフォートM-ZA本町 201
電話:024-563-5028
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン福島センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン