障害者雇用の面接で聞かれることって?

重視されるのは”何事にも真剣に取り組めるか”

当事業所の利用者の方が市内の軽作業の求人へ応募し、先日採用面接を受けてきました。
その部署で障がい者を雇用するのは初めてとのことで、少し緊張感があるようでした。

面接では「自己紹介をしてください」や「得意なこと・苦手なことを教えてください」といった一般的な質問の他、「配慮してほしいことは何かありますか」や「通院の頻度を教えてください」など、障害者雇用ならではの質問もあり、就職後もイメージした面接でした。

その中でも印象的だったのは「ひゅーまにあでどのようなことを学びましたか」という質問。
企業の方は職歴や持っている資格だけでなく、現在通所している事業所での様子も気になるところ。
急な休み無く通えているか、日々どんな訓練に取り組んでいるか、通所する以前とどう変わったか……これらの質問にも答えられるよう、しっかりと準備しておかなければいけません。

ひゅーまにあ福島では応募書類作成から面接練習まで、あなたの就活をサポートします!

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ福島は、2020年10月よりチャレンジドジャパン福島センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒960-8035 福島県福島市本町6-5 D’グラフォートM-ZA本町 201
電話:024-563-5028
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン福島センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン