【トレーニングのご紹介】注意力を身につけるには?

みなさんは「注意力が求められる業務」と聞くと、どんな場面が思い浮かびますか。

そもそもなぜ、就労に注意力が求められるのでしょうか。

業務中でも、わたしたちが思っている以上に、些細な作業にも注意力というのが求められることがあります。

例えば?

スーパーの品出しだと、お客さんが周りにいるかどうか気を付けなければならないことはもちろんですが、商品を並べるときに、商品番号を値札と照らし合わせ置く場所が合っているかどうか確認してから、品物を出しています。他には、事務職の入力作業だと、紙にある情報を見て、間違えないように入力しなければならなくそこにも注意力が求められます。

照らし合わせを間違えると、入力を間違えると、ミスになってしまいます。

チャレンジドジャパンの利用者さんの中で不注意のミスで失敗した経験が多いんだ…という方が多くいらっしゃいます。

もちろん、服薬である程度は注意力を補うことができますが、業務中に困らないように、「注意力が鍛えられるおすすめトレーニング」を紹介したいと思います。

数値チェック

会社にある請求書の値段が合っているかどうかを確認する作業です。間違っている場合は、正しい値段に修正します。

この訓練は、数字のみの確認で、紙を見て作業を進めるので、確認作業が初めての方も比較的取り組みやすい作業となっています。逆に数字のみなので、似たような羅列に苦戦します。

データ入力作業~顧客伝票修正~

数値チェックと違うことは、数字と文字(アルファベットを含む)の確認を行うこと、パソコンを使うことです。パソコンを使うということは、パソコンの画面を見ながらであること、キーボード操作であることも変わってきて、より実務に近い作業になります。

郵便物仕分け

こちらは、会社に届いた郵便物を部署別に仕分ける作業です。部署が14カ所もあり、似たような部署の名前がいくつかあるので、文字の認識ミスが出やすい作業です。

体を動かす作業なので、周りの環境にも注意しながら作業をすることになります。

訓練を重ねることで

・3つとも実際の業務として存在するので、事務職の経験が積める

・自分に合ったミスを防ぐ方法を検討する機会となり、自己理解につながる

・企業への配慮事項が整理できる

自分自身の行動傾向を振り返り、対処方法を検討していくことで、業務にも安心して取り組めるようになります。また、工夫次第で、注意を習慣づけることができます。

一人で不安な方、方法が分からない方、ぜひスタッフと二人三脚で就職に向けて取り組んでみませんか。

〇お問い合わせ

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 グレイシャスK 南藤沢 2F
電話:0466-47-6271
メール:[email protected]
(神奈川県指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン藤沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン