職場での挨拶って必要?

職場での挨拶って必要?

職場ではさまざまな場面でコミュニケーションを求められますが、挨拶は相手と顔を合わせた際に、一番最初に行われるコミュニケーションです。
挨拶は基本中の基本ではありますが、皆さんは正しく挨拶することが出来ていますか?

「挨拶すると注目を浴びるし、なんか緊張するから嫌い。」
「時間と労力の無駄だし、別になくてもいいんじゃない?」

そのような感想を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、決して無駄なことではありません。むしろ正しく出来ると自分にとってのメリットの方がはるかに大きいのです。

調べたところによると挨拶とは、「人と人が出会うときや、別れる時などに交わす儀礼的な言葉や動作」とありますが、職場においてはどのような目的や場面で行われることが多いのでしょうか。

職場における挨拶の目的とメリット

・職場で自分の居場所をつくる
相手との良好な関係を築き、維持する

皆さんは相手に挨拶をされたとき、またはされなかったとき、相手にどのような印象を持つでしょうか。挨拶をしない人に対しては、相手に関心がなく素っ気ない印象を与えてしまいます。それだけでなく、声を掛けにくいと思われ仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。逆に挨拶をされると多くの方が、親しみやすさを感じたり、存在を認識されていると感じることで相手に対して好印象を持ちやすくなります。そのような雰囲気が社内全体であれば、活気があり話しやすい環境に繋がるため、その後のコミュニケーションも円滑に進みやすくなります。

また、挨拶は職場内だけでなく企業面接や社外の人との商談などでも、結果に大きな影響を与えます。人は相手のことを判断するのに出会ってものの数秒だと言われています。もしも最初の挨拶で相手に対して悪い印象を与えてしまったら、その後の魅力的な話も相手には響かなくなってしまうかもしれません。それだけ挨拶は自分にとって大きなメリットにもデメリットにも繋がることなのです。

たかが挨拶、されど挨拶

挨拶は他人のためにすることではなく、自分のためにもしっかりとする必要があるということが分かったと思います。もしかしたらすでに必要性は理解出来ていて、当たり前のように日頃からしているという方が多いかもしれません。

ここで冒頭にもどりますが、皆さんは“正しく”挨拶をすることは出来ていますか?

仕事上での挨拶だけでも様々な場面が想定されます。相手は誰か(上司、部下、同僚、取引先など)、時間や状況などによっても挨拶は変えていかなければいけません。また、言葉の種類だけでなくタイミングや非言語的コミュニケーション(声のトーン、表情、仕草など)も非常に重要な役割を持ちます。正しく挨拶を行うためには、これらにも注意をして行う必要があるのですが、意外にもできていない方が多くいるのが現状です。自分は出来ていると過信しすぎず、自身のことを振り返ることが大切です。

チャレンジドジャパンでは、基本的なコミュニケーションスキルの習得を促すためのプログラムをご用意しています。
プログラムの見学・体験を行っておりますのでご興味がございましたら、下記お申込みフォームよりお問い合わせください。

〇お問い合わせ

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 グレイシャスK 南藤沢 2F
電話:0466-47-6271
メール:[email protected]
(神奈川県指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン藤沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン