内定者インタビュー”IT業界(特例子会社)・事務補助”

2021年3月よりIT企業(特例子会社)で事務補助に就くTさん(20代/広汎性発達障害)にお話を伺いました。

内定者インタビュー”IT業界(特例子会社)・事務補助”

Q1.チャレンジドジャパン藤沢センターに通所しようと思った理由は何ですか。利用期間はどれくらいですか。

A1.
【通所しようと思った理由】
チラシを見た母の勧めで体験に行くことに決め、行っている訓練内容の豊富さそれぞれのスキルに合わせたカリキュラムの作成支援員の方々の印象が良いなどの点が魅力的で通所を決めました。

【通所期間について】
1年3か月利用し、就職を決めました。 

Q2.特に役に立った講座、力を入れたプログラムはありますか。

A2.
【役に立った講座】
自己理解セミナー」「JST講座」「コミュニケーションセミナー」「ビジネスマナー講座」等の対人コミュニケーションの講座です。

【力を入れたプログラム】
模擬就労体験」「グループディスカッション」です。
私は人とのコミュニケーションが上手くできないところがあったので、他の方と協力をできるようにするために頑張りました。 

Q3.就職活動中はどのような支援を受けましたか。

A3.
就職活動の手順確認、企業の探し方、志望動機の作成、面接練習、応募書類の確認などの支援を受けました。
面接で話す内容を、支援員の方が練習を通して一緒に考えてくれた事や、志望動機のどこが良い悪いかのフィードバックを行ってくれた事がとても印象に残っています。

Q4.就職活動で辛かったこと、楽しかったことがあれば教えてください

A4.
【辛かったこと】
自分が働きたいと思う方向性を定めることでした。最終的に自分はオフィスで働いてみたいという気持ちが一番大きかったという事に気づけたのですが、そこに気づくまでは悩みました。

【楽しかったこと】
企業見学で普段は行かないような所を見て回れた事でした。 
※過去の企業見学の記事 (1)(2)(3)

Q5.これから就職を目指す方にエールをお願いします

A5.
私は以前、自分の中の確固たる価値観が絶対に正しいと信じ疑わない、かなりの頑固者でした。
チャレンジドジャパン藤沢センターの支援員の方との面談で私は頑固だという事に気がつき、自分の凝り固まった考えをほぐして、新しい観点から物事を見ることができるようになりました。
皆さんにも、自分が「当たり前だろう」と思い疑わない点を、「何故当たり前だと思うのか」自分の価値観を追求してみてほしいと思っています。視野が広がると、それだけ自分にとっての就職の選択肢が広がっていきます。これから就職を目指す皆さんを応援しています!頑張ってください!

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ藤沢は、2020年10月よりチャレンジドジャパン藤沢センターへ事業所名称を変更しました

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 グレイシャスK 南藤沢 2F
電話:0466-47-6271
メール:[email protected]
(神奈川県指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン藤沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン