内定者インタビュー”アパレル業界・軽作業”

1人で抱え込まず悩んだら支援員に相談することが大切

アパレル業界(軽作業業務)に就職が決まったKさんに、お話を伺いました。

———
<Kさんの情報>
男性(20代)難病、軽度知的障害
2018年9月より通所開始
 ※2019年6月に体調不良により退所
 ※2020年8月に通所再開
2021年2月より雇用開始

———

内定者インタビュー

Q1.チャレンジドジャパン藤沢センターにどれくらいの期間通いましたか。
A1. 体調不良での退所を挟んで、通算約2年半通所しました。

Q2.どんな業務を担当する予定ですか。
A2.ピッキング作業、在庫管理、清掃業務及び物流業務です。

Q3.就職活動をするのに役立ったと感じたトレーニング、講座は何ですか。
A3.ビジネスマナー講座は、挨拶、姿勢、言葉遣い、身だしなみなど、働くためにはマナーが大切だと感じた講座でした。
自己理解セミナーは、自分の体調を取扱説明書として作成し、就職活動に必要な講座でした。
JST講座は就職してからの大切なマナーを支援員さんがお手本を見せた後に、各チームでロールプレイングを行い良かった所、改善点を話し合い就職に必要な講座でした。
事務作業トレーニングでは、カジュアルスーツを着て各チームで事務作業を行います。
模擬就労体験は、事務作業トレーニングとは違い、ビジネススーツを着て行うトレーニングです。通常は休憩時間が固定で決まっておりますが、模擬就労体験に参加している時は就職後を意識して自分で休憩を適切に取ります。事務作業を行っていき、報連相を大切にしながら行う役に立つトレーニングでした。

Q4.就職活動中にどのような支援を受けていましたか。
A4.自分で履歴書、職務経歴書を作成し志望動機、自己PRの修正は支援員さんと共に行いました。書類選考が通ると、支援員さんと面接練習を繰り返し行いました。

Q5.これから就職を目指す方にエールをお願いします。
A5.就職活動をする上で大切なのは、一人で抱え込まず支援員さんと履歴書、職務経歴書を作成していく事。書類選考ならどんどん送って落ちてもめげずに次の会社を受けて、面接練習をする事が大切だと思います。面接練習後も家で志望動機や自己PR面接で聞かれる事は常に覚えておきましょう。面接練習で行った質問が出ないかもしれません。予期せぬ質問もあると思います。 もし、悩み事やあったら支援員さんと相談しましょう。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ藤沢は、2020年10月よりチャレンジドジャパン藤沢センターへ事業所名称を変更しました

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 グレイシャスK 南藤沢 2F
電話:0466-47-6271
メール:[email protected]
(神奈川県指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン藤沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン