就職者インタビュー

2019年12月より官公庁で働くKさんにお話を伺いました。

定着支援者インタビュー
Q1.就職までの経緯を教えて下さい
A1.独力で就職活動をしていましたがうまく行かず、2018年7月からひゅーまにあの利用を始めました。トレーニング開始から半年経った頃から就職先について検討するようになり、2019年2月から本格的に活動を開始しました。官公庁の他にマスコミなども志望し、全部で19の企業・団体に応募しました。そして11月に現在の勤務先から内定を頂きました。

Q2.現在どんな業務を担当していますか
A2.庶務の業務に就いています。最初は書類のコピーや廃棄、郵便物の集配などを主に担当しました。現在は職員の出張やテレワークなどの手続きが中心ですが、全く別の業務の手伝いなど、様々な業務に対応する機会があります。

Q3.働き始めて、良かったことや嬉しかったことを教えて下さい
A3.社会人になったことはもちろん、規則正しい生活になったことや、自分で稼いだお金の使い道を考えることも嬉しいです。また職場の一員としての自覚があると、疲れていても自信をもって前を向いて歩けるので、誇らしく思います。

Q4.普段業務で気を付けていることがあれば教えて下さい
A4.間違いには特に気を付けているので、ダブルチェックは欠かせません。早く業務に取り掛かることで、チェックする時間を作っています。指示を確認するための「報告・連絡・相談」は大切なので、意識して取り組んでいます。「間違えないこと」を守るために、一つ一つ気を付けています。

Q5.なぜ官公庁を目指したのですか
A5.皆さんの日々の暮らしを守るために、働きたいと思ったからです。学生時代に日本全国を回ったことがあり、その土地の暮らしや文化を目にしました。どこにでも変わらぬ人々の暮らしがあるということに気づき、当たり前に生活ができることの素晴らしさを感じました。これがきっかけで、官公庁で働きたいと思うようになりました。

Q6.ひゅーまにあの定着支援を利用してみていかがですか
A6.事業所とはメールや面談などで近況報告を行っていますが、細かな疑問や相談にもアドバイスを頂けます。それを参考に実践してみることで、悩みが解決しています。職場では、新しい仕事に挑戦できる機会があります。その都度、質問や相談をしやすいような配慮、具体的な指示などを頂けています。

Q7.今の業務に役立ったひゅーまにあでのプログラムを教えてください
A7.業務でPCを使うため、PC学習が役に立っています。WordやExcelはもちろん、タッチタイピングを練習したことで、入力速度が格段に速くなり、作業がはかどっています。また業務のやり取りをする際には、JST(ジョブスキルトレーニング)で学んだことを心がけています。質問や進捗状況の報告を行うことで、ミスのない業務を行えるよ うにしています。

Q8.ひゅーまにあで心掛けていたことは何ですか
A8.様々なプログラムを体験することです。自分で得意あるいは苦手だと思っていることも、実際にやってみるとそうではない、ということがあります。プログラムの中で色々試してみると、苦手なことが、気を付ければできることに変わることもあります。自分の能力を知ること、できることを増やすことが、就職への一歩なのかと思います。

Q9.現在の仕事を続けられている要因は何ですか
A9.環境の変化が少なく、ほぼ毎日同じルーティーンだということです。日々繰り返すことで、時間管理と順序立てた行動が自然と身に付きます。安心して次の行動に移れるので、自分のできることを確実にやり遂げる余裕が生まれます。気持ちに余裕があることが、仕事を続ける力になったのだと思います。

Q10.これから就職を目指す皆さんへ一言お願いします
A10.就職活動は、自分を売り込むことです。相手が欲しがる人間になれるように、まずは自分のことをよく知っておいて下さい。良いところに目を向けると、自信がついてきます。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ藤沢は、2020年10月よりチャレンジドジャパン藤沢センターへ事業所名称を変更しました

〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢496 森井ビル4階
電話:0466-47-6271
メール:[email protected]
(神奈川県指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン藤沢センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン