プログラミング講座~テキスト作成を通して得られたこと~

以前の記事(プログラミング講座~伝えることで得られる学習効果~:https://ch-j.jp/chibahigashi-news/49218/)にて、千葉東センターの利用者有志で他事業所のプログラミング講座のサポートをオンラインで行っていることをお伝えしましたが、千葉東サポートメンバーはそれに加えて今後使用予定のテキストも作成しています。

今回はKさん(仮名・30代男性)に話を伺いました。

相手に伝わるにはどうすればよいか?

【Kさんの声】

私は「寿司ざんまい」という、回転寿司で制限時間内に寿司をより多く取っていくゲームのテキスト作成を担当しました。
テキスト作成にあたって、まずは自分で理解するために、対象のゲームを自分で実際に作ってからテキスト作成に臨みました。

プログラミング講座~テキスト作成を通して得られたこと~

次に、より多くの人にとって分かりやすく伝わるテキストにするため、主に以下のことを考えながら作りました。

・説明の順番をどうするか

・説明の量をどのくらいにするか。少なすぎてもわからず、多すぎても要点がわからなくなってしまう可能性があると考えました。

・テキストのレイアウトをどうするか。コードのブロックの配置など。

このテキスト作成の作業は、就職後での資料作成の場面や、要点をまとめて報連相する能力の向上につながるように思います。受け取る相手のことを考えて発信することが大事だと感じました。

プログラミング講座~テキスト作成を通して得られたこと~

アウトプットにより深まる理解

また、テキスト作成を通して自分の理解もより深まったように感じました。
何かを発信するには自分が理解していることが必要だと思っていましたが、アウトプットすることにより理解がより深まることを体感しました。
今後は何かを発信・アウトプットする機会を積極的に増やしたいです。

今回はKさんにプログラミング講座のテキスト作成についてのインタビューをしました。

チャレンジドジャパン千葉東センターでは、各個人に合わせた様々な訓練・作業等を用意しております。興味を持った方はお気軽にお問い合わせください。

〇お問い合わせ

*チャレンジドジャパン千葉東センターは、2021年5月よりチャレンジドジャパン千葉センターへ移転しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-7-5 富士見ハイネスビル 9F
電話:043-306-7705
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン千葉センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン