大切な命を救うために~救命救急講習会に参加!

9月26日の特別開所では、千葉市中央消防署にて救命講習会に参加しました。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、人数を制限、一人ひとりの間隔を確保した上での開催となりました。

胸骨圧迫とAEDを体験

みなさんは救急車が到着するまでの平均時間はどのくらいだと思いますか。

消防の方のお話しを伺ったところ、その時間は平均約9分だそうです。

救急車が到着するまでのこの間に、胸骨圧迫の応急手当を行えるかがとても大切です。

消防の方による講義と実演の後は、人形を使って胸骨圧迫の方法やAEDの使用手順を体験しました。

参加者の声

・実際、現場に遭遇したら、慌ててしまうと思う。
 事前に講習を受けておくことで、大切な人や救助を必要としている人を助けられるかも知れないと思った。

・お店などに行ったとき、どこにAEDがあるかを確認したいと思う。いざとなったときのために、知っておきたい。

・講習会に参加してみて勉強になった。有意義な休日になってよかった。

就労後も長く働き続けるためには、社会活動や余暇活動に参加することも大切な要素です。

職場以外にも自分の活動の場をつくったり、自分なりのリフレッシュ方法を知ったりしておくことで、社会生活にメリハリをつけることが出来ます。

千葉中央センターでは、就労に関する訓練や講義だけではなく、様々な講義や講習会の場を提供しています。

ぜひ一度見学・体験にお越しください。

チャレンジドジャパン千葉中央センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン