<お知らせ>ボッチャ競技を楽しみました!@仙台

ひゅーまにあ仙台では、余暇活動支援を目的として、月に1~2回休日開館を実施しています。

今回は、ボッチャという競技を事業所で行ないました。

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

2色それぞれ6球ずつのカラーボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、ジャックボール(目標球)と呼ばれるボールに、いかに近づけるかをチームごとに競います。

利用者の皆さんは、ボールの転がる感覚をつかむのに苦戦されている様子でしたが、次第にコツをつかみ、レベルの高い試合になりました。時折、試合が白熱し、利用者さん同士でハイタッチされる場面も見られました。

ボッチャ競技は性別、年齢、障害の有無に関わらず、誰でもプレーすることのできるユニバーサルなスポーツということを体感していただけるイベントになりました。

今後も、利用者の皆さんに楽しんでいただけるような休日開館の企画をしてまいりたいと思います。

見学・体験は随時受け付けております。

お問い合わせ先

就労支援センター ひゅーまにあ仙台
電話 022-399-8956
FAX 022‐399-8961
メール [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

ひゅーまにあ仙台