<お知らせ>就職へのステップアップ!企業実習・体験談@中野

皆さん、こんにちは。
少しずつ秋らしさを感じる季節になってきましたがいかがお過ごしでしょうか。
今週は、企業実習を体験した利用者Sさんにお話を伺いました。

—————————

スタッフ:実習お疲れ様でした。仕事内容はどのようなものでしたか?
Sさん:発送準備がメインの業務で、他にはビジネスマナーの講座などもありました。
スタッフ:発送業務の詳細を教えていただけますか?
Sさん:発送する書類の枚数チェックから封入までトータルで行ないました。その後3つ折りをするのですが、折り方にも決まりがありました。作業ごとの報告も欠かさなかったです。ひゅーまにあでも「ひゅーまにあ通信」の発送業務を毎月行なっているので、戸惑うことなく出来ました。
スタッフ:普段より早い時間からのスタートでしたが、勤怠や体調はいかがでしたか?
Sさん:ちょうど台風が通過したタイミングでの実習だったので、電車の運行情報を見ながら二度連絡をし、結果として午後からの勤務とさせていただきました。体調的には眠れなかった日もあったのですが、事前にジョブコーチの方にお伝えしたことで業務も配慮していただくことができました。何事もなく進んでいくのも良いですが、こういった機会があったこともよかったと思います。
スタッフ:それでは最後に、どのように今後へ活かしていきたいか教えてください
Sさん:実習の振り返り面談で、企業の方から報告のまとめ方・伝え方についてのアドバイスをいただきました。ひゅーまにあでも課題になっている部分なので、今後実践していきたいと思います。

————————–
障害者雇用の採用では、「応募→書類選考→面接」というプロセスだけではなく、先週ご紹介したような面談会もあれば、今回のSさんのように事前に職場での業務を体験する「実習」を行うことも多くあります。
実習には採用を見越したものと体験のみのものとがあり、私たちはそれぞれの利用者さんに合った場を提供しています。 特に実習を経てからの就職は、「こんなはずじゃなかった…」といったミスマッチを防ぐことにもつながります。
この貴重な経験を培った今後のSさんのご活躍に期待しております!