<お知らせ>“実践さながら”長期休暇前の引継ぎ@中野

みなさんこんにちは!ひゅーまにあ中野の今藤です。
暑い日が続いておりますが、お身体お変わりございませんか。
残暑厳しいこの季節、体調管理には十分注意を払いお過ごしくださいね。

さて、世間的には夏休みを満喫された方も多いこの時期。台風の影響もあり不安定な天気の日もありましたが、利用者さんの大半が就職に向けたリズム作りとスキル向上のために通所されました。

今回は、夏季休暇期間だからこそ発揮された利用者さん同士の業務のやりとりをご紹介します。

ひゅーまにあには、実際の職場と同様の業務を切り出し、実践して頂く機会があります。
下の写真は在庫数を確認し、発注依頼をかけて頂く「備品管理」というお仕事の例です。
中には、飲料水の補充などを担当する方もいて、万が一怠ると他の利用者さんが困ってしまう可能性も。。。
今回、長期休暇の方もいるということで、早めに職員に相談をして頂いたり、利用者さん同士で声を掛け合い、お休み期間の担当者を変更したり自主的に行動されている方が多くいらっしゃいました。まさに、実際の職場でも生じる報連相や引継ぎですね。
こうした場面を通所期間中に経験できていると、不定期に生じる職場でのやりとりへの備えにもなります。
“実際の職場”と同じ動き方を経験しておくことは、今のうちにできる大切な準備ですね。
他にも、来客対応や電話訓練など、様々な業務でお互いに声を掛け合いながら仕事を進める姿が見られました。
利用者さんが仕事場でも同じような動き方ができるイメージが湧き、支援者ながら嬉しくなりました。
ひゅーまにあでは、主にオフィス環境で生じるお仕事を切り出し、利用者さんに実践して頂いています。
体験の方にも同様の業務をお任せできますので、未経験・ブランクが長くオフィス勤務の感覚を取り戻したいという方にお勧めしています。ぜひご活用ください!