シリーズ「就労」@ひゅーまにあ名古屋栄

こちらのホームページでも何度かお知らせしていますが、
ひゅーまにあでは障害や難病のある方(や家族)を対象に、
予約制で「就職相談」をお受けしています。

そんな中、特に精神障害の方から多く聞かれる質問として
「病気を隠さずに採用してもらえるのか」
「精神障害者でも就職できるのか」が挙げられます。

一般論としてお答えするならば、
障害の内容(種別)を理由に不採用となることは少ないと言えます。
(世の中の全ての企業・求人に当てはまるかと訊かれると別ですが)

それが良いシステムかどうかは今回はさておき、
企業側の事情でいえば、ほとんどの企業は雇用率を達成するために障害者求人を出しています。
障害のある方の求職状況や、ハローワークの新規登録状況でいえば、
精神障害の方が圧倒的に多い。これは様々なデータとしてもそうですし、
現場感覚からしてもその通りです。

企業が雇用率を達成するためには、
精神障害の方か、新卒でない知的障害の方を採用するより他にありません。
事実として「〇〇障害の方を雇いたい・雇いたくない」と言ってはいられないのです。

障害者雇用に関する法律には色々と課題もありますが、
改正の度に少なくとも良い方向に変わっています。
充分ではなかったとしても、年々働きやすくなっているのは事実です。

少なくとも障害の種類を理由に断られたり、門前払いをされる時代ではなくなっています。
企業の方は(おそらく思っている以上に)その人がその会社で働けるか働けないかで判断します。
良くも悪くもシンプルです。
その中で企業の剤用担当者にアピールするためには、どんな準備が必要か。
そのキーワードのいくつかを、このシリーズで考えていきたいと思います。

お問い合わせ先

ご見学やご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。

就労支援センターひゅーまにあ名古屋栄
TEL: 052-212-7315
FAX: 052-212-7316

Mail: [email protected]

ひゅーまにあ名古屋栄