<お知らせ>相模女子大学にて「進路ガイダンス」を実施しました

2月5日(月)相模女子大学(相模原市南区)にて、障がいをお持ちの学生を対象に「進路ガイダンス」を実施しました。

当日は、ひゅーまにあ相模原の利用者で学芸学部日本語日本文学学科4年生のKさんと、スタッフ2名の計3名で講師を務め、1年生から3年生までの4名の学生が参加しました。

最初にセンター長・冨張佑介より、障害者雇用についての説明や就職活動の進め方などをお伝えしました。

次に職業指導員・佐藤紗織がインタビュアーとなり、Kさんが就職活動体験記を発表しました。Kさんは4月からみずほビジネス・チャレンジド株式会社への入社が決まっており、同社に内定した経緯や、学業と就職活動の両立などを説明しました。

参加者たちは先輩の体験に熱心に耳を傾け、積極的に質問をしていました。その後、個別相談を実施しました。

先輩の話を直接聞くことができ、就職活動の流れがイメージできたようです。これからもご要望があれば相談に応じていきたいと思います。