<お知らせ>コミュニケーション講座ご紹介@千葉中央

 

ひゅーまにあ千葉中央ではコミュニケーション講座を開講しています。

今回は<番外編>として行った「野球守備位置当てゲーム」を紹介します。

このゲームはグループで行います。各人が持っているバラバラな情報を繋ぎあわせると正解にたどり着けるようになります。

他の方に配られたカードは見る事はできない為、自分で持っている情報を口頭で共有します。

ただ情報を伝えるのではなく、「この選手は背が低い」「〇〇選手より遊撃手の選手の方が足が速い」等、

グループのメンバーに論理的に情報を伝え、集まった事を図表にして整理していく事が正解にたどり着くコツです。

このゲームを行う事で報告・連絡・相談の報連相の実践を行う事ができます。

「どれが必要な情報なのか考えるのが大変だったが面白かった」

「この講座を通じて沢山の方と自然にコミュニケーションがとれた」

との声を多数いただきました。

今後も様々なゲーム等を通じてコミュニケーション講座を開講致しますので、

参加希望の方はお気軽にお問い合わせください。