<お知らせ>訓練のご紹介『集団作業』編

今回は当事業所で人気の訓練『集団作業』をご紹介致します。

集団作業は作業スピードを高める訓練と思われがちですが、当事業所では下記を目的として行っております。

  1. コミュニケーション能力の向上をはかる
  2. チームワークの大切さを学ぶ(目標設定と達成)
  3. 作業を通じて効率化を図る
  4. 目標(課題)に対する意識・共通認識を高める
  5. 環境の変化に対応する

作業内容は倉庫内作業を想定し、商品をピッキングするピッキング班、検品、入荷作業を行う検品班、そして全体をまとめる全体リーダーに分かれて作業を行います。

「ピッキングが終わりましたので検品お願い致します」「検品のヘルプは必要ですか?」等、お互いが声を掛け合い、作業をする上で重要な報告・連絡・相談を身に着ける場となっています。

作業終了後、その場でミスの報告や反省点、今後の改善点等を話し合い次回に繋げています。(PDSAサイクル)

実践的な訓練となりますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。見学だけでも大歓迎です。