コンサルティング

コンサルティング

 

企業向けサポート

「障がいのある方が働きやすい会社」=「どの職員も働きやすい会社」と言われます。
ワークライフバランスや働き方改革が声高に叫ばれている中、障がい者雇用は、今後ますます企業にとって重要になることはいうまでもありません。

障がい者雇用率の向上、また障がい者を始めとした職員が活躍できる環境を整備することは企業の役割です。
私たちは各企業の経営方針や戦略の元、企業と当事者との間に立ち、双方をサポートしていきます。
企業に向けては、障がい者雇用の取り組みに関わる事全般についてご相談いただきます。
またご要望に応じ、企業従業員の方向けの研修や講演会も行っております。


<取り組み>
企業に向けて

  • 採用前に就労前研修を行います。
  • 受け入れ部署の方々に向け、配慮事項や個々の障がい特性をご説明し、その特性への対応のサポートをいたします。
  • 長期雇用継続のため、採用後も定期的に本人・企業現場責任者・弊社スタッフによる面談を実施します。
  • 障がい者雇用における相談や助言、現場担当者への研修等、雇用促進に向けた取り組みを行います。

研修例

①雇用前 どんな障がいを持つ方がいて、自社にはどんな方がマッチするか 障がい理解の基礎知識
精神・知的・発達・身体障がいそれぞれの特性
障がい特性と業務内容のすり合わせ
採用面接をどう進めたらいい? 障がい理解の基礎知識
合理的配慮への考え方を通して、マッチングを見極める
既存の社員へ対する理解促進 採用予定者の理解と配慮について
②採用後 どう接すればいい?

何に困っている?を想ってみる

業務面と人間関係、職場にいる時間内の不安やストレス
指示は伝わっている? 障がいによって異なる指示のポイント
採用後の留意点 入職直後も何年たっても色々なストレスがあること
③定着するために どう雇用管理すればいい?何に困っている? を想ってみる 業務面と人間関係、職場にいる時間内の不安やストレス
これって性格? 慣れ? 障がい特性?
定期的な面談の活用してみる
既存社員と同じストレスチェック、誰にとっても働きやすい職場
業務変更と人事異動の影響を考える
職場内に溜る既存社員のストレスを知っておく

当事者(障がい者)に向けて

  • 定期的に現状を確認し、ストレスチェックや日常生活の振り返りを行います。
  • 業務替えや部署の異動時のフォローとして、面談での確認を行い、安定出勤の継続に努めます。

 

宮城県障害者雇用アシスト事業

障がいがある方の中には就職を希望する方が大勢いらっしゃいます。
しかし、現状を見てみれば障がい者雇用率は全国平均1.92%と法に定められた雇用率(2.0%)を満たしていません。
企業における障がい者雇用に対する理解を深めることにより、就職を希望する障がい者が1人でも多く就職し、さらに就職した企業に定着できる事を目的に、宮城県が地方創生推進交付金を活用し本事業を実施、受託事業者としてひゅーまにあの運営会社であるチャレンジドジャパンが運営しています。


<企業のメリット>
・障がい者雇用のノウハウが学べます。
・支援機関とのつながりができます。
・障がい者雇用率を向上させる事ができます。
・各企業個別の課題が解決できます。
・社会的責任を果たすことができます。
<障がい者のメリット>
・就職したい企業が見つかります。
・企業に関する情報量が増えます。
・必要としてくれる企業が見つかります。
・見学・実習先が増えます。
・身近な支援機関を利用できます。

>> 宮城県障害者雇用アシスト事業の詳細はこちら

※ 従業員数50人以上の規模の民間事業者は、障がい者の雇用率(2.0%)が法律で定められています。