<お知らせ>桜美林大学で講義を行いました ひゅーまにあ相模原

7/7(金)、桜美林大学(東京都町田市)にて、ひゅーまにあ相模原センター長 冨張佑介が講義を行いました。

「相談援助活動と就労援助・更生保護」(担当 健康福祉学群講師:谷内孝行氏)の中で

「就労支援の現場から」というテーマで、日々の就労支援の取り組みを中心に授業を行いました。

この科目は社会福祉士が相談援助活動を行う上で必要となる、就労支援・更生保護に関する制度の概要と

各関係機関との連携の方法を学ぶことをねらいとしています。

当日は社会福祉士を目指している約30名の学生が受講し、就労支援の現場での取組みや課題について

メモを取りながら授業を聞いていました。

また、新卒で当社に入社した、ひゅーまにあ新横浜スタッフ 三浦朱里からは、

仕事のやりがいやひゅーまにあの特徴などについて話をしました。

ひゅーまにあ相模原では、福祉分野を目指す学生の育成に貢献できればと考えています。

ひゅーまにあ相模原